2013/07/28

ケラケラさん スターラブレイション





最近裏声を使う練習をしてるんですが、
ちょっと高めのところとめちゃくちゃ高めのところって出し方違うような気がします。

ヘッドボイスと言われるものでしょうか。
ボーカルのMEMEさんだと、
「不器用な愛を掲げ」と「ながら」の出し方が違うみたいな感じでしょうか。

すごく綺麗な声だなーって聞き入ってしまいました。


ひらひらのスカートも可愛い!

2013/07/27

【読書録】はじめての数論第7章

第7章素因数分解と算術の基本定理より

7章で面白かったのは偶数世界(Eゾーン)について。
通常の整数(1,2,3,4,5,6,7,8,・・・)とは違う偶数世界(2,4,6,8,10,・・・)における素数とは。


通常の素数の概念は、
「自分自身と1以外で割れない数字」なんだけれど、これはつまり
どの整数で割っても、整数にならない数字、(自明なものを除いて。) ということ。

だから、偶数世界で素数となるのは、
偶数世界のどの数字で割っても、その解が偶数世界の数字にならない数 のこと。


例えば
2・・・素数(2で割ったら1→1はEゾーンの数じゃない)
4・・・合成数(2で割ったら2→2はEゾーンの数)
6・・・素数(2で割ったら3→3はEゾーンの数じゃない)
etc



Eゾーンの数は、通常の整数と違って素因数分解が複数あるものが存在する。
(例えば、普通の整数では、125は素因数分解すると5*5*5しかない。)
Eゾーンでは例えば、
100が10*10と2*50と表せる。(2,10,50はどれもE素数)


これに関連する問いで、
E素数の積で4通りに表せる最小のEゾーンの数は何か?という問いがあった。

E素数は2*(通常世界の奇数)という風に表せるから、
a)2*
b)2*
までは確定。

4通りならABC通常世界の奇数で
a)2*ABC
b)2*1

a)2*AB
b)2*C

a)2*AC
b)2*B

a)2*A
b)2*BC
にすると4通りなんで、
ABCに小さい方から順に奇数を入れて(3,5,7)
2*2*3*5*7で、420が最小かな。
(素因数分解は、2*210、6*70、10*42、14*30)


解答がないので、合ってるのかわからないけれど、
とても面白い世界観だと思いました。